総量規制対象外,お金借りる

銀行カードローンの審査が厳しくなることについて

現在、総量規制対象外というルールが見直され始めています。銀行では、年収の3分の1以上の借り入れが可能だとして、消費者金融でお金を借りることができなかった人が銀行に流れているというケースが多く、問題視されることが多くなりました。こうした問題は国会でも取り上げられ、各銀行は、『自主的な規制』を求められ、金融庁なども各銀行の動向に注目しています。これからは、銀行カードローンの審査が厳しくなることが予想されます。以下、毎日新聞の記事の引用です。

 

銀行の個人向けカードローンの残高が急増し、過剰融資を懸念する声が強まっている。消費者金融並みの高金利である一方、貸金業法で定められた融資額の制限(総量規制)が適用されず、多重債務対策の抜け穴になりかねないためだ。銀行業界は3月に融資審査の強化を申し合わせたが、「自主規制でどこまで効果があがるのか」と厳しい視線が注がれている。【小原擁】

 

銀行のカードローンの残高は、貸金業法改正で貸金業者に「年収3分の1まで」との総量規制が導入された2010年6月以降、急速に増加。16年末は5兆4377億円で、10年3月末比65%も膨らんだ。特に日銀が大規模金融緩和を始めた13年以降、各行は高い金利を得られるカードローンをこぞって強化。一部地銀にとっては主力商品に成長した。

 

だが、急増するカードローンは「新たな多重債務の温床」との批判が強まっている。日本弁護士連合会が昨年6~7月にカードローン利用者を対象に実施したアンケート(153件)によると、貸金業者と銀行の合計借入額が年収の3分の1を超えていたケースは、約6割の95件に達した。さらに16年の自己破産申立件数は前年比1・2%増の約6万4600件で13年ぶりに増加に転じており、日弁連は「カードローン増加が影響している可能性が高い」と指摘する。このため日弁連は昨年9月、「借り手保護の観点から、銀行カードローンも総量規制すべきだ」との意見書を公表した。

 

聖学院大政治経済学部の柴田武男教授は「実態は消費者金融と変わらないのに、銀行から借りることで利用者の抵抗感が減り、むしろ多重債務者を増やすことにもなりかねない」と問題点を指摘する。

 

こうした声を受け、全国銀行協会は3月、各行が広告宣伝や審査体制を自己点検し、見直すと申し合わせた。小山田隆会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は3日の記者会見で、「申し合わせを実効性のあるものにしたい」と強調。一方、総量規制に関しては「一律、機械的にというのはなかなか難しい」と慎重な姿勢を示した。金融庁も「自主規制の効果を注視する」として現時点では静観の構えだ。

 

日弁連多重債務問題検討ワーキンググループの三上理(おさむ)事務局長は「マイナス金利で銀行の収益環境が厳しい中、高利の銀行カードローンの貸し出しが申し合わせだけで減るとは考えにくい。制度の見直しが必要だ」と指摘する。

 

参照:毎日新聞:膨張 「過剰融資」懸念広がる 総量規制適用外

 

これ以下の記事は、情報が古くなっております。2017年4月28日現在、以下のとおりでない場合がありますので、ご注意ください。また、以下の情報に関しては一切の責任を負いかねます。

 

銀行でお金借りる「総量規制対象外」のカードローン

まず、総量規制に該当しない銀行のカードローンを知るには『総量規制』を把握する必要があります。
総量規制とは?
個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに制限される仕組みです。(例外もあり)「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」という4種類の中で、総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」のみです。50万円を超える貸付けを行う場合または他を含めた総貸付額が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要です。

 

では「総量規制外とは?
年収の3分の1を超えての借入れができることを指します。比較的高額な融資に対応できますし、働いていない専業主婦や主夫が利用できる場合もあります。また、大口の融資だからといって必ずしも即日融資不可能ではなく、条件次第では即日や早い日数での融資も可能なカードローンになります。

 

貸金業法

お金を貸すための業者に制限を持たせ、多重債務や違法貸金業を防止するための法律です。

 

該当する貸金業者
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販系会社
  • 保証会社
以上の業者が規制の対象になります。

 

銀行は総量規制に含まれていない

銀行の場合は、銀行法など別の規制を設けてサービスを提供しています。ですから、貸金業法の規制は受けていませんので、融資の上限額に関する規定はありません。つまり、銀行はキャッシンングローンの審査によって年収の3分の1を超える融資も可能です。

 

銀行でも即日融資は可能か?

銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借入が可能です。総量規制がない状態の大口融資で即日でお金を借りることはできるのか?

 

  • ・自動契約機の設置があるか?
  • ・口座不要でお金が借りれるか?
  • ・審査結果が当日に分かるか?
以上の条件があれば即日融資の可能性はあります。金額が大きいからなどの理由ではなく、即日融資ができる体制がその銀行に整っているかが重要で、自動契約機が設置されているのであれば、十分即日融資の可能性はあると思います。

 

カードローン会社によって指定の銀行口座があることが前提の場合があります。その場合は口座がなければ、銀行口座の開設からですので受け取りの郵送を伴う場合があり時間がかかります。口座不要で申し込めるカードローンであれば、今すぐにでも申込むことができますし、申し込みと同時に審査も開始されます。

 

審査結果の回答が「最短30分」や「最短即日」であれば、総量規制対象外のカードローンでも即日融資の見込みも高くなります。審査が完了しないと契約が進められませんので、ここは重要です。

 

総量規制に関係しない「すでにある借り入れ」は?
  • クレジットカードのショッピング残高
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 割賦代金の売掛残高(分割払いで購入した商品の借入れ)
  • 知人や親兄弟からの借金
  • 銀行カードローンの借入残高
上記の場合は総量規制には関係なく、審査の対象にもなりません。あくまでも規制されている業者からの融資が範囲内になります。

 

総量規制対象外でお金を借りることのメリット

  • ・収入証明書なしでも借りれる金額が多い
  • ・ATM手数料が無料のところが多い

 

総量規制対象外の銀行カードローンは、それぞれの銀行が独自の基準で提出を求めています。ですから、ほとんどの銀行カードローンは100万円以下なら収入証明書不要ですし、300万円まで収入証明書なしというカードローンもあります。

 

貸金業法の規定によるATM手数料

取引金額 提携ATMの利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

 

銀行の場合の手数料

銀行ではそれぞれの規定で手数料が決まります。たとえば、すべてのATM手数料が無料というカードローンもありますし、取引期間が長くなるほどお得になるというものもあります。

 

【銀行カードローンのデメリット】

・返済額が少なく設定されていて返済が長期になる

・条件によっては審査が厳しく通りにくい

・審査が遅く融資まで日数がかかるところもある

 

銀行の審査は保証会社が行う

銀行カードローンのキャッシング審査は、銀行と保証会社の2つの審査がある点にあります。保証会社というのは与信スコアリングを行う会社で、そのほとんどが銀行系グループの会社です。

 

与信スコアリングシステム
カードローン会社やクレジット会社は信用情報機関への加盟が義務付けられており、申込者の同意をもとに信用情報機関での照会で信用情報を得ます。信用情報機関では氏名や生年月日、住所、電話番号などが相互に紐づいていますが、審査の簡略化・迅速化を図るために自動化されたのがスコアリングシステムです。
このシステムを使って審査を機械的に簡略化していますが、銀行は加盟店である保証会社に与信スコアリングを委託しています。

 

【三井住友銀行カードローンの審査は】
  • 三井住友銀行
  • SMBCコンシューマーファイナンス(保証会社)
の2つで審査が行われます。

 

この方式は審査に時間がかかる場合があります。銀行と保証会社の審査を同時に開始することもあれば、銀行の審査に通過後に保証会社の審査が開始されるという銀行もあります。

 

保証会社一覧

カードローン名 保証会社名 融資までの目安
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
オリックス銀行カードローン オリックスクレジット(株)
または新生フィナンシャル(株)
約1週間
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
楽天銀行カードローン 楽天カード株式会社
または株式会社セディナ
最短即日
東京スター銀行カードローン 新生フィナンシャル(株) 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックアコム株式会社 最短40分

 

主婦でも借りれるのが総量規制外のカードローン

働いていない専業主婦は、総量規制の制限ががあるカードローンの利用ができません。総量規制は、融資の上限額を年収の3分の1までですので、働いていない専業主婦では収入がありませんので、融資が受けられません。ですが、総量規制対象外カードローンであれば、専業主婦への融資も行っています。専業主婦への融資は上限30万円~50万円と低めになっていはますが、家計のやりくり等の補填には活用できます。

 

総量規制外のまとめ
総量規制対象外というのは『銀行カードローン』のことになります。消費者金融やクレジットカードのキャッシングとは制限が変わりますので、年収の3分の1を超えるお金を借りるのも可能です。また、消費者金融と比較すると「金利が低い、高めの融資が見込める、即日融資も可能、専業主婦も利用可能」など、幅も広いです。銀行のサイトには概ね「返済シミュレーション」が用意されていますので、申し込みの前に返済期間やローンの内容などをを確認してから申込むのがおすすめです。

 

提携カードローン一覧

プロミス アコム

234*60


詳細へ>>


詳細へ>>

SMBCモビット オリックス銀行カードローン

logo 100x60


詳細へ>>

オリックス銀行カードローン

詳細へ>>

大手カードローン

プロミス アコム

234*60


詳細へGO>>


詳細へGO>>

SMBCモビット

logo 100x60


詳細へGO>>

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


詳細へGO>>

 

キャッシング特集一覧

今すぐ借りるには バレずに借りる 無利息でお金を借りる

今すぐ借りるには


詳しくはこちら>>

バレずに借りる


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 主婦向けのカードローン 収入証明書なしで借りる

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

女性でも安心


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 『おまとめ』ローン 銀行で借りる

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りるには バレずに借りる

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 専業主婦でも借りられる

女性でも安心


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

無利息でお金を借りる 収入証明書なしで借りる

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい おまとめローンで借換え

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>