お金借りる,シニア

シニアがお金を借りるには?

高齢者はお金を借りることができないという風潮がありますが、実際はそんなことはありません。年金受給者や固定資産(住宅)があれば問題なく借りれますし、福祉や労災でも多少の時間は要しますが借り入れが可能です。

 

【69歳までの即日融資カードローン】

LP_200×200

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスはWEB完結できます!申込みから融資までがWEB上ですべて行えますので煩わしさがありません。女性オペレーター対応のレディースキャッシングも人気のサービスです。

※『女性オペレーター希望の男性』もご利用頂けます。↓↓プロミスのレディースキャッシング>>

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円!/
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャル・グループ
アコム株式会社
はじめてお金を借りるなら『三菱UFJフィナンシャル・グループ』のアコムが人気です!勤務形態にかかわらず、多くの方に利用されている安心のカードローンです!

 

\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/
アコム公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

200x200 オリコンループ

◎SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
株式会社SMBCモビット
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

↑↑↑※当サイトおすすめランキング!

 

シニアの借り入れは実際難しい?

シニア・高齢者

シニア・高齢者

高齢者は、現役を引退して年金生活という方が大勢いらっしゃいます。しかし、シニアであっても『急な出費・予定外の医療費・突然の訃報』といった「急いでお金が必要になる場面」はあると思います。そういった緊急の場合や今後のための準備として、今お金を借りなくても『万が一の時にすぐお金が借りられる準備』をしておくのも大切です。

 

シニアの方がお金を借りる時の基本条件

シニアが気をつけておく条件
  • 毎月の安定した収入があるか
  • 年齢条件を満たしているか

 

収入問題:シニアに安定した収入があるか
安定した収入はシニアでなくても、お金を借りる場合は必須の条件です。金融機関は収入があることを前提に融資を行っているので、返済面を考えれば当然そうなります。

 

では、安定した収入というのはどういった内容のものでしょう?

 

なにもサラリーマンや自営業者でお金を稼いでなければなければいけない訳ではありません。たとえば、アルバイトやパートの収入でも、継続した収入があればお金を借りれます。

 

年金は収入にならないのかという疑問
これも問題ありません、貸金業法では定期的な収入として定めている収入の種類が公開されています。
  • 給与
  • 年金
  • 恩給
  • 不動産の賃貸収入(不動産業外の大家さんなど)
  • 事業所得

 

しかしながら、貸金業法の規制を受ける業者は、年金収入だけでは申込み不可のところも少なくありません。ですが、銀行カードローンなどでは年金収入だけでも申込可能とするものもあるので、収入が年金だけという方の場合は、銀行カードローンで利用できるサービスがないかを探してみても良いと思います。

 

年齢制限問題:年齢条件を満たしているか

シニア世代に突入して「お金を借りるときに大きな障害」となるの一つに年齢の条件があります。消費者金融や銀行カードローンでは、必ず年齢の条件があります。

 

実際何歳まで?
今はお金を借りる予定はなくても、いつでも借りれるように「条件を満たしている内に申し込みをしておく」というのも万が一のためにも重要です。

 

大手消費者金融の年齢条件の場合。
  • プロミス:20~69歳
  • アコム:20~69歳
  • アイフル:20~69歳
  • SMBCモビット:20~69歳
  • ノーローン:20~69歳
年齢条件では、69歳までの申込みを認めています。70歳になると原則として新規の融資はできなくなりますので注意が必要です。

 

銀行カードローンの年齢条件の場合。
  • みずほ銀行カードローン:20~65歳
  • 三井住友銀行カードローン:20~65歳
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」:20~64歳
  • 新生銀行カードローン「レイク」:20~70歳
  • オリックス銀行カードローン:20~65歳
  • 新生銀行カードローン「レイク」:20~70歳
  • ソニー銀行カードローン:20~64歳
大手消費者金融に比べて、より条件が厳しい傾向がるのが銀行ローンです。こういった実情からも申し込める年齢の内に申し込んでおくことも視野に入れるべきです。

 

例外として、新生銀行のカードローン「レイク」だけは、70歳までの申込みを認めています。ですが、他の銀行カードローンでは、64歳~65歳を上限に融資が行われているのが現状になります。

 

70歳以上で検討してみること

もし、70歳を過ぎてしまっていて「どうしてもお金のやり繰りに困っている」のであれば、シニア世代も対象となる機関があります。
  • 「生活福祉資金貸付制度」
  • 「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」
といった市役所や公的金融機関を検討することができます。

 

※生活福祉資金貸付制度というのは『都道府県の社会福祉協議会』が実施の主体となる融資制度のことです。

 

生活福祉での貸付の対象

生活福祉資金貸付制度における貸付対象
  • 低所得者世帯
  • 障害者世帯
  • 高齢者世帯

 

低所得世帯

主に、市町村民税が非課税の世帯が基準です。年齢に関係なく、金融機関などからの借入れが困難な場合は生活福祉資金貸付制度の貸付対象となります。

 

障害者世帯

障害者世帯の定義は『身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳』の交付を受けている人が居住している世帯のことです。

 

高齢者世帯

65歳以上のシニア世代が居住している世帯です。

 

生活福祉資金貸付制度について
生活福祉資金貸付制度についての特徴
  • 原則として連帯保証人が必要
  • 連帯保証人がいない場合は金利が年1.5%発生

 

要約すると、連帯保証人を立てられれば「無利子でお金を借りる」ことができます。もし連帯保証人がいない場合でも、年率1.5%という相当な低金利でお金を借りることができます。

 

※例外として、緊急を要する小口資金は無利子になります。

 

年金担保貸付事業について

年金担保貸付事業(労災年金担保貸付事業)とは

年金を受給しているシニアが年金を担保にしてお金が借りられる制度で、この制度は『国民年金や厚生年金などを担保』とする融資が認められているWAM 福祉医療機構の貸付制度です。

 

生活必需品の購入や住宅改修や冠婚葬祭、または医療などを目的に「一時的な小口資金」が借りられます。この融資の限度額は、10万円~200万円の範囲内で決まります。目安として、受給している年金額の0.8倍以内に限定されるという特長があります。また、返済期間は1回あたりの返済額の15倍まで。つまり、毎月5千円の返済なら7万5千円までになっています。こういった特殊な内容から「高額融資」にはあまり向きません。ですが、少額で目的が決まっている場合は金利1.2%、内容によっては1.9%までの低金利で借入れできることから、シニア世代にとってはとても便利な融資制度になっています。

 

一風変わった借り方【リバースモーゲージ】

リバースモーゲージをご存知ですか。
  • リバースモーゲージとは『住宅を担保とする融資制度』のことです。

 

2通りの方法で利用できます。

・自治体などの公的機関による貸し付け

銀行での利用

 

リバースモーゲージの特徴

【リバースモーゲージの最大の特徴】

「お金を借りた本人が生存している期間」は、返済義務が発生しないことです。また、借入限度額の範囲内であれば「必要になったときにお金を借りれる」という便利な制度になります。

 

【リバースモーゲージのメリット

本人の死亡が確認されると、住宅を売却して元金および利息を銀行に支払います。支払いが済むと、残りの金額が相続に回る仕組みになっています。その特性からリバースモーゲージは、本人が死亡するまでは『返済義務』がなく、毎月の返済を気にする必要がありません。ですから、生前に借金をしているという重圧感もなく「必要な時にお金が借りられる」ことがメリットになります。

 

【リバースモーゲージのデメリット
  • 契約の満期を超えて長生きすることで返済義務が発生する
  • 担保物件の評価価値が下がり担保割れすることがる
  • 配偶者が連帯保証人にならなければならない

 

相続が想定される場合は、推定される相続人の全員の事前承諾も必要になります。そういった面では、融資を受けるにあたって「配偶者や子供に相談」しないといけない部分はデメリットになる場合があります。

 

シニアのフリーローン

70歳以上OKのカードローンは少ないですが、たとえばフリーローンの場合は?

銀行のフリーローンでは、シニア世代が利用できる金融商品があります。フリーローンというのは、カードローンのように何度も借入れや返済を繰り返せるローンとは異なり、一度フリーローンで融資を受けた後は自動車ローンのように返済のみをしていきます。

 

三井住友銀行フリーローンの例
  • 無担保型:20~65歳まで
  • 有担保型:20~70歳の誕生日まで
以上の条件で申込みが可能になります。また、三菱東京UFJ銀行のサービスに「多目的ローン」がありますが、こちらも完済時が満70歳の誕生日までなら利用できる金融商品です。

 

シニアがお金を借りるためのまとめ

シニア世代がお金を借りるには、若い世代よりも条件で問題になることが多くあります。緊急を要する場合でなければ『それぞれの融資の特徴』をしっかりと理解して、早め早めに申し込んでおいたり、自分に合った方法でお金を借りる準備が最善な対策になるはずです。

 

提携カードローン一覧

プロミス アコム

234*60


詳細へ>>


詳細へ>>

SMBCモビット オリックス銀行カードローン

logo 100x60


詳細へ>>

オリックス銀行カードローン

詳細へ>>

大手カードローン

プロミス アコム

234*60


詳細へGO>>


詳細へGO>>

SMBCモビット

logo 100x60


詳細へGO>>

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


詳細へGO>>

 

>>【目的別特集】<<

今すぐ借りるには バレずに借りる 無利息でお金を借りる

今すぐ借りるには


詳しくはこちら>>

バレずに借りる


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 主婦向けのカードローン 収入証明書なしで借りる

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

女性でも安心


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 『おまとめ』ローン 銀行で借りる

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りるには バレずに借りる

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 専業主婦でも借りられる

女性でも安心


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

無利息でお金を借りる 収入証明書なしで借りる

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい おまとめローンで借換え

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>