お金借りる,低金利

お金の借り方にはなにがある?

「お金を借りる」というとまずは『キャッシング』が思いつきますが、クレジットカードやカードローンでのキャッッシングの他にもお金の借り方があります。

 

【簡単で早いのはカードローンキャッシング】>>

 

以外と多い借り入れ先

カードローンでのキャッシングの他にお金を借りる方法として役所や金融公庫からも融資が可能です。

 

代表的なお金の借り方5つ
  • 1、銀行カードローンでのキャッシング
  • 2、銀行系消費者カードローンでのキャッシング
  • 3、無利息のカードローンキャッシング
  • 4、市役所・ろうきんからお金を借りる
  • 5、日本政策金融公庫からお金を借りる

用途で使い分けるお金のお借り方

「金利が低い」ことを前提に考えると、まず銀行のカードローンが思い浮かびます。実際に消費者金融のカードローンよりも審査は遅いですが低金利ですし、金利10%以下のローンも存在しています。たとえば、消費者カードローンの場合は利息制限法の上限である年率18%近くでの金利設定です。そう考えると銀行ローンは審査さえ通れば金利自体は低く抑えられます。また、ろうきん(労働金庫)も同様に審査が長いというデメリットもありますが、金利の低いカードローンがあります。

 

利息の計算

一つの例として、10万円を30日間で借入れしたときに『年利18%』と『年利10%』で比較すると分かりやすい利息が算出できます。
利息の計算は【元金×年利÷借入期間=利息】が基本です。
  • 年率18%:10万円×0.18×30日÷365日=1,479円
  • 年率10%:10万円×0.1×30日÷365日=822円
金利が8%違うだけで、1か月で利息が650円も変わってきます。

 

総量規制外の利点
銀行カードローンの場合、貸金行法である「総量規制」の対象外になります。
総量規制とは?
個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに制限される仕組みです。(例外もあり)「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」という4種類の中で、総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」のみです。50万円を超える貸付けを行う場合または他を含めた総貸付額が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要です。

 

消費者金融は総量規制の対象ですから「年収の3分の1までの融資」という制限がつきます。

 

【銀行ローンのデメリット】

銀行カードローンは、金利は低いので助かりますが審査が通りにくいという反面もあります。
銀行ローンのデメリット
  • ・審査が消費者金融よりも厳しく通りにくい
  • ・ローンの返済額が少額設定の場合がある=返済期間が長い
金利が低く設定されると、貸す側は短期の返済では利益が出にくくなります。低金利商品はできるだけ長く借りてもらった方が利益が大きくなるので、最低返済回数や長期返済が設定されていたりします。担保がないのも特徴ですので、利用者の信用だけが頼りになります。そういったリスク回避面からもある程度の制限は仕方ありません。

 

■銀行ローンの金利と限度額
カードローン名 金利 限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 700万円
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 10~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
じぶん銀行カードローン 2.4~17.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円
オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 30~800万円
オリックスカードレスVIP 3.0~16.6% 30~800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 1.89~7.99% 10~1,000万円

事業の運転資金や設備投資は政策金融公庫

事業を営んでいて、資金を調達したい場合は政策金融公庫が金利を抑えて借りるのに適しています。金利を低く抑えるにはいくつか条件があります。

 

政策金融公庫で低金利で借りる
  • ・申し込みは政策金融公庫と保証協会で行う
  • ・地域の信用保証協会に保証人になってもらう
  • ・融資は20日〜30日程度はかかる
  • ・基本的に税金滞納などは対象外となる
  • ・最低金利を設定してもらう

 

 

無利息カードローンで借りる

急いでいる、すぐに借りたい、短期で借りたいなどの場合は消費者金融、いわゆる銀行系カードローンが便利です。消費者金融は様々な業者がありますが、大手の銀行系で借りることをお勧めします。大手以外では金利が違法であったり、借りた後が大変だったりしますので、あまり安心とはいえません。

 

無利息期間のあるカードローン

大手では一定期間の借り入れには「いくら借りても、何度借りても元金のみ」で返済できる『無利息カードローン』が存在します。銀行系カードローンは大手の銀行系のグループですから安全ですし、審査も早いです。当日の審査対応時間内に契約が完了すると、即日での融資も可能です。

 

無利息期間のあるカードローン

プロミス

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。

審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコム。

初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

 

特にプロミスは申し込みから融資まで最短1時間、30日間無利息、瞬間的に振込まれる瞬フリなどのサービスも豊富です。

 

人気のプロミスの詳細はコチラ>>

 

 

提携カードローン一覧

プロミス アコム

234*60


詳細へ>>


詳細へ>>

SMBCモビット オリックス銀行カードローン

logo 100x60


詳細へ>>

オリックス銀行カードローン

詳細へ>>

大手カードローン

プロミス アコム

234*60


詳細へGO>>


詳細へGO>>

SMBCモビット

logo 100x60


詳細へGO>>

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


詳細へGO>>

 

キャッシング特集一覧

今すぐ借りるには バレずに借りる 無利息でお金を借りる

今すぐ借りるには


詳しくはこちら>>

バレずに借りる


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 主婦向けのカードローン 収入証明書なしで借りる

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

女性でも安心


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 『おまとめ』ローン 銀行で借りる

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りるには バレずに借りる

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 専業主婦でも借りられる

女性でも安心


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

無利息でお金を借りる 収入証明書なしで借りる

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい おまとめローンで借換え

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>