お金借りる

即日キャッシングとは?

【即日キャッシングとは「申し込んだその日にお金が借りれる」ことをいいます】

即日キャッシングの対象になる用途は、主に『フリーローン』という「使い道を問わない融資」で、借りること自体に理由はいりません。つまり、何に使っても構わないという金融商品になります。
【即日キャッシングが可能なカードローン】

プロミス

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。

審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコム。

初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

アイフル

最短30分審査で簡単4ステップの『わかってるぅ〜アイフル』は誰にも知られずにカード受け取り。

とにかく審査が早いと評判のアイフル。

アイフルも30日間の無利息をはじめています!

≫詳細はこちら

 

キャッシングはお金を借りることだけが目的

即日キャッシングできるカードローンは「お金を借りることだけが目的」になるため、事業の融資やクレジットカードとは異なります。したがって、カードローンの利用者は『すぐに借りたい、今すぐお金が必要』といった「急を要する人」に向いています。また、カードローン会社もそういった「急いでる人、忙しい人」を想定したサービスを展開しているため『審査の簡略化や現金が少しでも早く手元に渡るシステム』などに重点を置いています。

 

即日でお金を借りる条件

どうすれば即日でお金を借りることができるのか?

 

即日でお金を借りるには『審査、時間、金融機関、店舗』などカードローン会社や申し込み方法によって契約の仕方も受け取り方も変わります。

 

■申し込み方法の種類
  • スマホやパソコンでできるWEB申し込み
  • 自動契約機のある店舗での申し込み
  • 電話やFAXでやり取りする申し込み

 

■お金の受取り方法の種類
  • カードを使い、店舗のATMやコンビニATMなどで借り入れ
  • WEBや電話で口座へ振り込んでもらう
  • カードレスで好きな時にWEBで借り入れ

 

■審査対応時間

審査の対応時間というのは即日キャッシングには重要で、時間外に申し込みをしてしまうと『翌日や翌営業日』の扱いとなり「その日にお金を借りる」ことができなくなります。審査の対応時間は各社で違うので、申し込む前に確認しておく必要があります。

 

■提携金融機関

カードローン会社と提携している金融機関というのがあります。すべてのカードローン会社ではありませんが、提携している金融機関に口座がある場合は銀行の取扱い時間外でも振込みが可能で「すぐお金が受け取れる」ことがあります。

 

■店舗での契約

申し込み方法はWEBでも電話でも、または店舗で直接でも構いませんが『契約やカードの受け取り』を自動契約機に指定すると「その場でのキャッシング」できます。契約自体はWEBでもできますが、カードの受け取りをしないといけないので「郵送は避けたい、すぐカードを受け取ってお金を借りたい」といった場合には店舗で受け取ってしまうのが早いです。

 

■カードレスキャッシング

カードローン会社によっては『カードレスキャッシング』のサービスを展開しているところがあります。カードレスキャッシングは、カードの受け取りが不要なので契約が完了すると同時に指定口座に振り込んでもらうことが可能です。また、SMBCモビットの様にセブンイレブンでカードのいらないスマホATM取引を使えるカードローン会社もあり、カードレス申し込みしてもコンビニATMでお金を借りることが可能になります。

 

カードローンの基本条件

20歳を過ぎていること

継続的な収入があること

 

即日でキャッシングできる重要さ

シチュエーションとしては人それぞれですが、突然の入用でお金が足りない場面に直面したときに即日キャッシングできるというのは意外と重要です。誰にも迷惑かけずに、また都合したことが誰にもバレずにとなると、急なお金の借り方としてはカードローンでの即日キャッシングはおそらく一番便利です。ただ、消費者系カードローンでも銀行カードローンでも金利は高めなので、無利息のサービスや返済期間を短くするなどの配慮も必要な場合があります。

 

【無利息期間もあり365日24時間振込み可能な人気の即日キャッシング】

プロミス

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。

審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方や女性にもに多く申込みされています。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

 

カードローンキャッシングは金利が高め

カードローンキャッシングは金利が高めに設定されています。これは、カードローン会社が利益を得るために設定されていますが、そもそもキャッシングには『担保や連帯保証人』が必要ないことにも関係しています。

 

貸金業法と銀行法との違い
お金を借りるなら銀行でもできます。寧ろ、融資というと銀行の方が先に思いつくのが普通かもしれません。そして、銀行ローンというと「担保と連帯保証人がセット」で考えている方がほとんどだと思います。CMなどで目にする機会も多いですが、いまは銀行でもカードローンキャッシングがあります。では、その違いとはどこにあるのでしょう?

 

銀行の担保型ローン
  • 『事業資金や住宅ローン』などの一般的に担保型融資と呼ばれ、時には連帯保証人も必要になる
  • 審査期間は長く数日から2週間程度が平均で、1ヶ月以上かかることもある

 

銀行カードローン
  • 銀行が直接取り扱っているキャッシングのこと
  • 消費者金融と同じような利用ができるが『銀行法』での規制となる

 

消費者系カードローン
  • 一般的にいう消費者金融で大手銀行系と自社運営とがある
  • 審査が圧倒的に早く『即日で融資が可能』なのが特徴

 

キャッシングには『貸金業法』『銀行法』があります。お金を貸すことだけを目的とした場合は、カードローン会社に貸金業法の「総量規制」という制限がかかります。銀行の場合は『預金、住宅ローン、投資、キャッシング』など、多岐にわたるサービス展開から金融の円滑運用をするために「銀行法」が用いられています。

 

総量規制

消費者系カードローンに課せられた貸金業法には「総量規制」がありますが、これは消費者を守る法律になります。

 

    総量規制の主な概要
  • 年収の3分の1以上の貸付はできない
  • 50万円を超える貸付を行う場合は収入証明等で返済能力を考慮しなければならない

 

これは大手銀行系であっても、自社運営の業者であっても同等に適用されます。

 

消費者系カードローンの審査方法
消費者系のカードローン会社は、審査を早くするために与信スコアリングという審査方法を取り入れています。
与信スコアリングシステム カードローン会社やクレジット会社は信用情報機関への加盟が義務付けられており、申込者の同意をもとに信用情報機関での照会で信用情報を得ます。信用情報機関では氏名や生年月日、住所、電話番号などが相互に紐づいていますが、審査の簡略化・迅速化を図るために自動化されたのがスコアリングシステムです。

 

このシステムのおかげで『最短30分』などのスピーディな審査が実現しています。
【注意点】

自社運営のほとんどの業者は『信用情報機関への加盟』をしていますが、中には独自審査を行い法外な金利や福利を得る「闇金まがい」も存在しています。

こういった業者を選別するのは現状では難しく、トラブルを避ける意味でも『大手銀行系グループのカードローン会社』を選ぶことが借りた後のことも考慮すると大変重要になります。
【大手銀行系グループの安全なカードローンキャッシング】

プロミス

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

 

銀行カードローンの現状について

銀行カードローンは『銀行法』によって融資の決まりごとが規制されています。この銀行法は「総量規制」の対象外となることから、比較的高額な融資にも対応しています。具体的には『年収の3分の1以上の貸付』です。総量規制がないので「過剰な融資」も場合によっては可能であり、これが近年問題視されはじめています。

 

【銀行カードローンの審査が厳しくなることについて】

 

詳しくは上記で確認いただければと思います。

 

銀行カードローンの審査方法

銀行でもカードローンキャッシングができますが、審査方法は独特です。銀行法で融資をするのは、金利も低めで消費者には負担が少なくなることも事実です。その反面、銀行でのキャッシングにももちろん審査がありますが、即日融資を表記していても審査スピードとしては遅めになります。理由は『与信スコアリングシステム』の加盟店である総量規制対象の保証会社に委託して審査を行うからです。

 

委託業務を行う保証会社一覧
カードローン名 保証会社名 融資までの目安
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
オリックス銀行カードローン オリックスクレジット(株)
または新生フィナンシャル(株)
約1週間
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
楽天銀行カードローン 楽天カード株式会社
または株式会社セディナ
最短即日
東京スター銀行カードローン 新生フィナンシャル(株) 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックアコム株式会社 最短40分

 

金利のことを考慮すると銀行カードローンは「審査さえ通れば」十分候補に入ります。ただ『今すぐに借りたい』『確実に即日で』ということになると、総量規制のあるカードローン会社が行う与信スコアリングシステムの審査の早さにはかないません。とにかく早くお金を借りたいのであれば「大手銀行系の消費者カードローン」がもっとも早いお金の借り方になります。

 

提携カードローン一覧

プロミス アコム

234*60


詳細へ>>


詳細へ>>

SMBCモビット オリックス銀行カードローン

logo 100x60


詳細へ>>

オリックス銀行カードローン

詳細へ>>

大手カードローン

プロミス アコム

234*60


詳細へGO>>


詳細へGO>>

SMBCモビット

logo 100x60


詳細へGO>>

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


詳細へGO>>