お金借りる,おまとめローン,複数ローン

そもそも「おまとめローン」とは?

おまとめローンは、返済し辛くなった複数のローンを1つにまとめて返済を1箇所にするサービスです。おまとめローンは借金が一本化できるというメリットがある反面、場合によっては思ったほど金利が安くならなかったり、過払い分が清算されずに全額まとめられてしまったりといったデメリットもあります。

 

おまとめローンの審査

通常のカードローンに比べて、おまとめローンの方が低金利になる可能があるのは事実です。また、審査に関しては低金利のローンの方が審査が厳しい面がありますので審査通過の難易度としては高めになります。

 

借金をまとめた場合

複数の返済があるローンをまとめてしまえば、実際には返済の負担も少なくなるので返済を履行しやすくなる可能性は高くなります。

 

過払い金などを一切清算したい!

おまとめローンは、場合によってはしない方がいい人もいます。それは「利息制限の見直しを完全に求める場合や過払いの超過分をすべて清算して返してもらいたい」といった場合の人です。おまとめローンの融資というのは、現在の残高を一括返済するのが基本です。ですから『過去の過払い請求や利息制限法による利息の引き直し計算』はしないで返済するのが基本になります。こういったところまできちんと計算して清算返済したい場合は『司法書士や弁護士』といった専門家に依頼するべきなので、まずは「任意整理」が順当になります。ただ、その場合には『成功報酬』が発生します。

 

ローン残高に追加で借りれるか?

【おまとめローンに追加で残額以上のお金を借りることは可能なのか?】

おまとめローンのサービスには、おまとめだけを目的とするものと、カードローンと同様に利用するためのものとがあります。カードローンのサービスに「おまとめローン」が付帯している場合は、まとめた金額以上の希望額を申し込むことでさらにお金を借りれる場合もあります。一方で、純粋に残高を返済することだけを目的とする場合には、まとめた金額以上のお金は借入れできません。

 

貸金行法からの観点

貸金業法には総量規制がありますが、これは融資の上限を年収の3分の1までにするというものです。この規制に該当するのは、銀行以外のノンバンク、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社になります。 銀行のおまとめローンでは総量規制の対象外となるので、年収の3分の1の基準が該当することはありません。また、消費者金融でのおまとめローンは、例外規定にある「顧客に一方的に有利となる借換え」という決まりに該当することから、年収の3分の1を超えるおまとめでも問題なく借入れすることができます。

 

おまとめローンのまとめ

■メリット
  • 返済が1箇所に減らせる

    多重債務や複数あるローンを1つにまとめると、返済期日が1回になるというメリットがあります。返済を1箇所にすることで、月に何度も返済日があるという状態を脱することができ、「常に借金に追われている」ということがなくなります。借金が1つになることで、精神面ではとても楽になり借金の管理も簡単になります。
  •  

  • 毎月の返済額を少なくできる

    カードローンやおまとめローンでは、借入の残高が多くなるほど、残高に対する返済額の割合が少なくなります。借入残高が10万円で返済額が4,000円の場合と、100万円で3万円の返済額の場合では、10万円では4%、100万円では3%といった具合に率が下がります。複数のローンを1つにまとめた場合、残高の合計額に対して『返済額の割合を減らせる』ので、結果的に毎月の返済額が少なくなるという計算です。
  •  

  • ローンの金利がカードローンより低金利になる可能性

    一般的なおまとめローンは、消費者金融のカードローンや銀行カードローンの金利よりも低金利になります。金利が低くなれば全体の負担が減りますから、返済した金額が残金に反映するのも多くなります。借金がなかなか減らないといった場合は、金利の高さが原因です。金利が低くなれば残金も減りやすくなり、完済までが早くなります。

 

 

■デメリット
  • 約定返済額が少ない場合もある

    おまとめローンの種類にもより、返済額が少ないサービスも存在します。返済額が少ないと毎月の負担が楽にはなりますが、その反面で返済期間が長くなるというデメリットもあります。あまりにも返済額が少ないおまとめローンを大口で利用すると、完済するまでに10年以上かかることもあります。そういった場合には返済シミュレーションできちんと返済額と期間を算出し、計画を立ててからおまとめローンを利用することが重要になります。
  •  

  • 過払い金が発生していても返還請求はできない

    おまとめローンをする案件で過払い金が発生している場合は、超過している過払い金の返還請求ができなくなることがあります。また、利息制限法による利息の引き直し計算というものがありますが、そういった整理は一般の人では無理があるので専門家に依頼するようになります。
  •  

  • おまとめ後の債務整理に影響する事例がある

    債務整理の手続きには『自己破産や任意整理』があります。たとえば、おまとめをした直後に返済不能に陥り、任意整理をしようとしても金融機関と和解できなくなる可能性があります。実際にそういった事例もあり、任意整理の基本が金利の減免やカットをして減額された借金について、3年以内に減額された借金を返済するので、その後の残金返済が免除となる和解だからです。ですから、大概の事例では「おまとめをした直後に任意整理はできず」結局は自己破産を選択するしかないというのが実情です。

 

おまとめはよく考えて

上記のような良い面も悪い面もある「おまとめローン」ですが、様々な角度から今一度『現在の状況』を考察してから利用するのが最善です。しかし、状況が好転するお金の借り方も出来るのがおまとめローンなので、場合によっては生活基盤が安定することもあります。ただ、あまりにも多重債務でどうにもならないところから「おまとめローン」を利用するのであれば推奨はできません。気司法書士や弁護士といった専門の先生にまずは相談して、任意整理や見直しを視野に入れるのが賢明かもしれません。

 

 

今すぐ借りるには バレずに借りる 無利息でお金を借りる

今すぐ借りるには


詳しくはこちら>>

バレずに借りる


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 主婦向けのカードローン 収入証明書なしで借りる

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

女性でも安心


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 『おまとめ』ローン 銀行で借りる

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りるには バレずに借りる

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

女性向けのカードローン 専業主婦でも借りられる

女性でも安心


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

無利息でお金を借りる 収入証明書なしで借りる

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい おまとめローンで借換え

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>