契約社員でもお金借りる方法

契約社員でもお金借りる方法

契約社員の方がお金を借りるならカードローンが申し込みもしやすく、早くキャッシングができるのでお勧めです。カードローンキャッシングの条件は、20歳以上で安定した収入があれば問題なくお金を借りることが出来るので、急な出費や入用の時など今すぐにお金が必要な場合にカードローンが大変便利です。

 

【契約社員がお金を借りるのに便利な当サイトおすすめカードローン!】

LP_200×200

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスはWEB完結できます!申込みから融資までがWEB上ですべて行えますので煩わしさがありません。女性オペレーター対応のレディースキャッシングも人気のサービスです。

※『女性オペレーター希望の男性』もご利用頂けます。↓↓プロミスのレディースキャッシング>>

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円!/
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャル・グループ
アコム株式会社
はじめてお金を借りるなら『三菱UFJフィナンシャル・グループ』のアコムが人気です!勤務形態にかかわらず、多くの方に利用されている安心のカードローンです!

 

\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/
アコム公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

200x200 オリコンループ

◎SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
株式会社SMBCモビット
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

契約社員でも今すぐ借りれる即日融資が可能

契約社員でもカードローン会社での即日融資キャッシングができます。即日融資を確実に受けるには、各社の条件に沿って申し込みする必要があります。たとえば、プロミスなどはカードローン会社の中でも融資までのスピードをとくに重視しています。審査対応の時間内でWEB申し込みを行うと、1時間後には融資可能な状態になります。

 

急いでる場合の申し込み方の基本

急なお金が必要で「とにかく急いでいる」場合の確実に融資を受けるための方法です。

 

50万円以下の収入証明なしで申し込み

・WEBで審査可能時間内にWEBで申し込む

勤務先にいるときに審査完了できる様にする

申込み記述を間違わず1回で通過する

 

【WEB申し込みですぐ借りれるカードローン】

プロミス

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。

30日間の無利息期間もついています。

≫詳細はこちら

 

なぜ正社員じゃなくてもキャッシングできるか?

■満20歳以上であること

■安定収入があること

正社員でなくても、上記の条件を満たしていればキャッシングの申し込みができます。これは総量規制によるもので、継続的に働いていて『毎月の収入があれば』お金が借りれるという法律です。また、基本50万円の借り入れまでは収入証明が必要ありません。

 

総量規制について
個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに制限される仕組みです。(例外もあり)「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」という4種類の中で、総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」のみです。50万円を超える貸付けを行う場合または他を含めた総貸付額が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要です。

 

契約社員でも借りれない事例

総量規制対象のカードローン会社で、本来ならお金が借りられる契約社員が申し込んでも審査に通らない場合があります。

 

お金を借りることができない原因
  • 1.信用情報機関に過去の事故情報が登録されている
  • 2.年収に対して借り入れ希望額が高すぎる
  • 3.短期間に複数社(3社以上)のカードローンに申し込んだ
  • 4.過去に過払金の返還請求をしたことがある

 

最も審査に通りにくい原因
  • 過去に延滞した履歴がいくつも情報機関に残っている
  • 現在すでに延滞中である
  • 過去に債務整理をして履歴がまだ残っている
  • 契約見直しや自己破産の記録がある

 

契約社員が借りれるキャッシング限度額

カードローン会社が融資を行う上で、貸付できる上限額というのが決まっています。上限額は貸金業法によって決まっていまが、その上限額の決定は「申込者の収入状況」によって変わります。貸金業法では、「年収の3分の1」を超える貸付を行うことはできません。

 

総量規制のあるカードローン

・契約社員の融資上限額=年収の3分の1

 

例外として、年収の3分の1超の融資が認められている取引もありますが、現在例外貸付をしている貸金業者はほとんどありません。一方で、銀行カードローンは総量規制対象外です。融資の内容にによって年収の3分の1超が認められることもありますが、誰でも年収の3分の1超のお金が借りれるということではなく『審査内容によって高額の融資が認められる場合もある』というのが正解です。

 

では銀行ローンの場合は?

契約社員が銀行ローンで例外貸付を受けるときの基準です。たとえば、毎月25万円の範囲内で生活をしている2人が年収が違う場合。

Aさん:年収312万円(毎月26万円の収入)

Bさん:年収468万円(毎月39万円の収入)

 

上記で考えるとBさんの年収はAさんの年収の1.5倍ありますが、収入が多い分「返済に充てられる金額も多くなります。
毎月の返済に充てられるお金

Aさんの返済に充てられる金額:1万円

Bさんの返済に充てられる金額:14万円

 

返済額だけで見た場合ですが、ローンの返済に充てられる金額の差では、BさんはAさんの14倍あることになります。極端な例ではありますが、単に給料が2倍なら限度額も2倍ということではなく『返済に回せるお金がいくらあるのか?』で限度額は決まっています。ただ、現在はこのサービスを扱っているところはほとんどありません。

 

審査で注意したいのは「在籍確認」

カードローンの審査では、契約社員でも在籍確認があります。在籍確認は申込時にカードローン会社に伝えた「勤め先の情報」が正しいかどうかを確認するための手続きで、審査の在籍確認は『担当者が個人名で勤務先に電話』というのが一般的です。

 

在籍確認でキャッシングがバレるか?

職場への在籍確認の電話で「お金を借りるのがバレる!?」という心配がありますが、実際には「個人名」で電話がきますので通常はバレる心配はありません。それでも事情があって「どうしても電話は困る。。」といった場合は、申込みが完了したらすぐにオペレーターに電話で相談することで回避できることもあります。理由は、カードローン会社は「勤め先の情報が正しいか?」が目的なので、在籍していることが確認できれば手段は電話でなくても構わないからです。

 

【在籍確認を避けられるカードローン】
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

LP_200×200

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの公式サイトへ

 

消費者金融と銀行のカードローンの違い

契約社員でもカードローンでお金を借りれます。実際に契約社員でも借入れしている人も数多くいますし、アルバイトやパート勤めの方でもカードローンを利用しています。ただ、カードローンの申込みをするにあたって『貸金業者のカードローン』と『銀行カードローン』の違いは知っておくと良いと思います。

 

貸金業者

貸金業者というのは、貸金業法の規定に基づいて設立された金融機関のことです。消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、保証会社などが貸金業者にあたります。

これらの業者は、すべて貸金業法の規制を受けていることになります。融資が認められている上限額は、借入れする人が「お金の借り過ぎ」にならないための規制です。無条件に貸付をしてしまうと、「毎月、金利だけしか返済できない。。」という状態になり、ずっと、そこから抜け出せなくなるからです。

 

貸金業法
  • 貸付してもよい上限額
  • 収入証明書で返済能力を調査するとき
  • 提携ATMを利用したときの手数料

 

理由は似ていますが、高額融資をする際には『年収を証明する書類』を提出してもらい「返済能力があるのか?」を調査することが義務付けられています。
貸金業者が収入証明書の提出を求めるとき
  • 希望額が50万円を超えている
  • 貸金業者からの借入残高の合計が100万円を超える希望のとき

 

コンビニATMなどの「提携ATM」で取引する際は、あえてATM手数料を徴収させ、安易な借入れをさせないようにしています。
提携ATM利用で発生する手数料
  • 借入額・返済額が1万円以下:110円
  • 借入額・返済額が1万円超:220円

 

銀行ローン

銀行は、貸金業者ではありません。銀行ローンは『銀行法』という「それぞれ独自の基準で融資の限度額、収入証明書の提出、提携ATMの手数料」などを決めています。契約社員の方は、まず消費者金融の規制について理解し、借りやすい消費者金融のカードローン、利用できなければ銀行ローンという順が履歴などの問題からみると最善です。また、カードローンは『大手銀行系の消費者カードローン』を選ぶと安全です。

 

提携カードローン一覧

プロミス アコム

234*60


詳細へ>>


詳細へ>>

SMBCモビット オリックス銀行カードローン

logo 100x60


詳細へ>>

オリックス銀行カードローン

詳細へ>>

大手カードローン

プロミス アコム

234*60


詳細へGO>>


詳細へGO>>

SMBCモビット

logo 100x60


詳細へGO>>

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


詳細へGO>>